秋はダイエットで秋痩せを目指そう食欲の秋対策とダイエット方法

食欲の秋ということで、色々なものが美味しい季節なってきましたが、秋太りも怖いですね。

秋に太り始めて、冬に更に太ってしまったという方も多いのではないでしょうか。秋太りが怖い秋ですが、しっかり気をつけていれば、ダイエットもできるいい季節でもあります。

秋痩せとは?食欲の秋こそ痩せるその方法

食欲の秋で太るのが怖いという方も多いかもしれません。実際に秋に太り始めたという方はかなり多いのではないでしょうか。

そもそも秋は、冬にかけて、エネルギーを溜め込もうとする体の働きがありますので、ほっておくと普通に太りやすい時期です。

ですが、暑い夏が終わり、涼しくなりますので、運動の秋というふうに運動もしやすく逆にダイエットにも適している季節でもあります。

秋にダイエットが効果的な理由

秋にダイエットがいいのは、

・基礎代謝が高くなる

夏から気温が下がってくるので、体温維持のためには体でエネルギーを使ってやる必要があり、結果基礎代謝量が高くなります。

基礎代謝はじっとしていても消費するカロリーになりますので、摂取カロリーが夏と同じであれば、痩せやすくなるという理屈になります。

・自律神経が整いやすい

夏は、外が暑くて、室内がクーラーがかかっているので、その温度差で自律神経が乱れやすくなります。

加えて、熱帯夜などで夜、睡眠の質が良くないことも多くなります。秋にあると、気温もちょうどいいくらいの日が多くて、夜も寝やすくなりますので、自律神経が整いやすくなります。

自律神経が整ってくると体のバランスも良くなり、分血流も良くなり、痩せやすくなります。

・運動しやすい季節

食欲の秋ですが、運動の秋でもありますね。気温も湿度も運動に持っていの季節になります。

しっかり運動することで、カロリーを消費して、筋肉量を上げ、代謝を上げることで痩せやすい体を作りやすいのが秋という季節になります。

秋に良いダイエット方法

秋がダイエットにとても良い季節だということはわかりました。

では、秋痩せを目指してダイエットするとして、その方法とはどういったものなのでしょうか?

有酸素運動

気温も程よい秋は、有酸素運動を始めるには持っていの季節です。今まで定期的に有酸素運動(ジョギング、ウォーキングなど)をしていなかった方も、体の負担が少ない秋に始めると良いかもしれません。

有酸素運動は30分以上しないと脂肪が燃焼し始めないということをよく聞きますが、30分以内でも、カロリーの消費はしますので、しないより、10分でもするほうが良いというのは言うまでもありません。

最初は無理のないくらいで抑えておいて、できるだけ定期的にするように習慣化すると良いと思います。

ウォーキングでも、今ではスマホで移動距離なども計算してくれるアプリがありますので、それで記録しておくと続けやすくなります。

毎日2万歩からを始めとして歩いてみると良いと思います。

筋トレやストレッチ

筋トレは、基礎代謝を上げるという意味ではダイエットに欠かすことが出来ません。

ただ、女性の場合は特にハードな筋トレをいきなり始めても続きませんし、怪我の原因にもなります。

このサイトで紹介している、振動マシンは無理のない範囲から筋トレを始めることが出来ます。

また、体の表面の筋肉ではなく、体の内部のインナーマッスルを鍛えることに適していますので、たくさんやっても体のラインが崩れず、むしろ整えられるといえるので、女性におすすめです。

他にも、ストレッチなどを毎日行ったり、軽い強度の筋トレを行うことで毎日の基礎代謝を上げることが出来ます。

筋トレをしてから、有酸素運動を行うと更に効率よく脂肪を燃焼させることが出来ます。

ちょっとだけ筋トレして、ちょっとだけ歩いてみるということから初めて少しずつ増やしていくことで、3日坊主になりにくくなります。

食欲の秋対策と太りにくい秋の食べ物

食欲の秋、実りの秋ということで、美味しいものがたくさんお店などにも並びますね。

ついつい食べすぎてしまって、ダイエットに困ることもしばしば。

秋は、冬に向けて体にたくさん脂肪を溜め込もうとするので、油断するとすぐに体重や体脂肪率がということになりかねません。

ですが、秋の食べ物には、ダイエットに良いものもたくさんあります。

ちょっとの注意で、美味しく食べながら、痩せることを目指してみてはいかがでしょうか。

秋が旬のフルーツ

実りの秋ですから、たくさん秋が旬のフルーツはありますが、特にダイエットに適しているものをピックアップします。

フルーツは、糖分があるので敬遠する人もいますが、通常であれば、食物繊維やミネラル、ビタミンなども取れますので、おすすめできる食材になります。

りんご

りんごは、いつでもスーパーなどに並んでいる印象がありますが、基本的には秋が旬の食べ物です。

低温貯蔵で、長期間保存ができますので、ほぼ年中店頭に並んでいる印象がありますね。

りんごは、西洋では、医者いらずと言われているくらい健康的な食べ物です。

食物繊維も豊富ですし、ビタミン、ミネラルも豊富に含んでいます。血液をサラサラにしてくれるという研究結果も出ているほどです。

しっかり満足感もありますので、3食のうちどれかをりんごとヨーグルトなどに置き換えて見るのも良いかもしれません。

初秋が旬になりますが、みずみずしいので、水果とも呼ばれています。

梨は、1玉まるまる食べても、100kcalほどしかないローカロリーフードですので、置き換えダイエットにも使うのも良いかもしれません。

また、梨にたくさん含まれているソルビトールという糖の一種は、お腹のお通じを良くする働きがあると言われているので、便秘がちな方には良いかもしれません。

もちろん食物繊維も豊富ですので、腸内環境を整えるのに良いですね。

柿は日本では昔からたくさん食べられてきたフルーツです。

柿にはタンニン、食物繊維、ビタミンA、ビタミンCが多くて、ダイエットにももちろんですが、美容にとてもいいフルーツです。

アルコールデヒドロゲナーゼという酵素は、アルコールの分解を助けてくれるという側面もあります。

ペクチンやβカロテンなども豊富で、コレストロールの改善や便秘などにも良いとされていますので、健康的なダイエットにもおすすめです。

柿は置き換えダイエットよりも、御飯の量を減らすかわりにデザートや間食として食べるのがおすすめです。

秋の味覚の代表格さんま

秋といえば、サンマの漁獲量のニュースなどが出てくるほど、秋の味覚の代表になります。

サンマは、タンパク質が豊富なので、運動をしながら食べると筋肉量を増やす助けになります。

秋のサンマは、脂が乗って美味しいのですが、その脂分が太るのではないかと思われがちですが、サンマを始めとする青魚の脂分は体にいいものです。

DHA・EPAがたくさん含まれいるのですが、このDHA・EPAは、血液をサラサラ成分としても有名ですし、脂肪の燃焼を助けてくれるという働きがあります。

サンマの内蔵にたくさん含まれているので、内臓を食べられる方はそのまま食べればいいですし、内臓が無理でも、油の乗っているお腹の部分や頭の後ろの部分を食べるとたくさんあります。

大根おろしと、一緒に食べるとさらにヘルシーなので、おすすめです。

きのこ類

きのこダイエットという言葉があるくらい、ダイエットにも適しています。

秋の山の味覚の代表格ですし、美味しいキノコもたくさんありますので、ぜひたくさん食べてほしい食材です。

きのこは、食物繊維がとても豊富で、さらにカロリーも驚くくらい低カロリーなので、たくさん食べても太りにくい素材です。

置き換えダイエットにも使えるような食材なので、きのこを取り入れたきのこダイエットは効果的だとされています。

きのこにはたくさん種類がありますが、特にダイエットに良いとされているものを紹介します。

えのき茸

えのき茸は年中手に入りやすいきのこなので、日常的にダイエットフードとして取り入れやすい利点があります。

価格も安くて、お鍋にも、バター炒めにも、えのき氷にしてお味噌汁などにも使うことが出来ます。

えのきの有効成分
・トレハロース・・・保湿効果など
・γアミノ酪酸・・・交感神経の興奮を抑えるなど
・ビタミンB1・・・疲労回復
・キノコキトサン・・・整腸作用や血中コレステロールの抑制など

えのき氷にすると、きのこの細胞壁が壊されてより栄養素が吸収しやすくなるとのことで、作り置きしておけますので便利ですね。

エリンギ

エリンギもとても手に入りやすいきのこの1つです。このエリンギも食物繊維がとても豊富で、えのき以上に料理に使いやすいのも魅力です。

そして、食物繊維も不溶性食物繊維なので、お腹の中で膨らんで満足感もあるのでダイエットむきです。

エリンギの有効成分
・不溶性食物繊維・・・整腸作用、満足感を得られる
・ナイアシン・・・肌荒れなど
・ビタミンB2・・・美肌効果

エリンギはスーパーに行けば普通に売っているので、使い勝手の良いきのこです。

まいたけ

まいたけは、きのこの中でも高級品に属しますが、とても美味しいです。ダイエットにもとても良いきのこになります。

その理由としては、まいたけにだけ含まれている多糖類である、MXフラクションには血糖値の上昇を抑える働きや、脂質を抑える働きがあります。

・MXフラクション・・・・血糖値の上昇を抑える血中脂質のを抑える
・MDフラクション・・・・免疫力アップ
・キノコキトサン・・・整腸作用や血中コレステロールの抑制
・ビタミンD・・・カルシウムの吸収を助ける

舞茸もいろいろな調理ができますが、水溶性のMXフラクション、MDフラクションなどを効率良く吸収するには、お味噌汁などがおすすめです。

味も美味しいキノコですので、少し高いですが、量は必要ないので取り入れたいきのこになります。

まとめ

秋はほっておくと太りやすい季節でもありますが、夏の暑さが和らぎ、運動をしやすい時期でもあります。

これを機会に、少しからでも良いので運動を始めてみてはいかがでしょうか。

秋にしっかりシェイプアップができると、冬にむけて太りにくい体質を作ることが出来ます。

また、ダイエットに適した食材も豊富なので、過度の食事制限などをすることもなく、食べながらダイエットができます。

無理のないダイエットですので、リバウンドも心配することがないのも利点の1つです。

秋太りから秋痩せを目指して頑張ってみてはいかがでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3Dスーパーブレードを使って1ヶ月後の変化

正月太りの原因と対策 正しいリセット方法で解消してしまおう

ダイエット中にどうしても食べすぎてしまうのには理由があった

3Dスーパーブレードのキャンペーンはエクサパッドが購入特典

3dスーパーブレードSを2週間使ってみた結果は痩せたのか