正月太りの原因と対策 正しいリセット方法で解消してしまおう

お正月は美味しいものをたくさん食べる事が多いので、どうしても太りがちですね。正月太りという言葉があるくらいなので、やはり太ってしまうという時期なのは間違いないです。

ダイエットしていても、年末年始は誘惑も多くて、そして仕事などでの忘年会や新年会が多いので付き合いもあってどうしても避けられないことも多いですね。

そこで今日は正月太りの対策や太ってしまったときも簡単にリセットできるような方法をまとめてみました。

正月太りの原因と対策

クリスマスから年末年始の時期は、とても太りやすい時期になります。女性の多くが、お正月に太ってしまう、いわゆる正月太りを経験しているそうです。

おおよそ7割の女性が、正月太りを経験しているというデータもあるようですので、せっかくダイエットして体重を減らしてきてもこの時期で戻ってしまうこともありえます。

なぜこの時期に太ってしまうことが多くなるのでしょうか?

正月太りの原因は大きく2つ

正月太りになる最も大きな原因は、摂取カロリーが増えて消費カロリーが減りやすい時期だからということが考えられます。

年末年始には、美味しいものをたくさん食べる機会が増えます。忘年会や新年会、規制したりして家族が集まってごちそうを食べたりしますので当然といえば当然です。

かにやおせち料理や他にも、美味しいお鍋やアルコール類などを頂くことも増えます。

その上で、お正月はゆっくり過ごす方も多く、こたつでずっとテレビを見ているとかそう言ったことも増えますね。

本来、冬は体温維持のためにエネルギーを使いますので基礎代謝は上がるのですが、暖かい室内にずっと居ていると体温維持に使うエネルギーも少なくなります。

その上、動かないとなると、普段よりも消費カロリーが少なくなりがちになるのも無理はありません。

ということで年末年始の時期は、摂取カロリーが増える割には、消費カロリーが少なくなる傾向にあるので、その分太りやすくなります。

また、正月太りの原因としてもう一つ考えられるのが、塩分の多い料理を食べることが多くなるということも関係しています。

おせち料理が代表的ですが、おせち料理はお正月の間に料理をしなくても良いようにと保存食の側面もありますので、塩分が多めの味付けになっています。

塩分の多い料理を食べてその分、お酒や水分を多く摂りやすくなるので、体がむくんでしまって体重が増えるということも正月太りの大きな原因になります。

正月太りの予防策

太らずにすむならそれにこしたことがないので、予防策などはあるのでしょうか?

一番は、食べすぎないことと、運動不足にならないようにすることなのですが、お正月は美味しいものを食べたいですよね。

同じ量を食べても、太りにくい食べ方がありますのでそれを実践するだけでもかなり変わると思います。

野菜から食べる

野菜から食べると、食物繊維が糖質の急激な吸収を抑えてくれますので、太りにくくなります。

おせち料理でも、煮しめや、レンコン、昆布巻などが、食物繊維の豊富な食べ物なのでそれから食べるようにしておくといいと思います。

また、食物繊維の後には、タンパク質が豊富な食べ物を食べるとさらに良いとされています。

おせち料理では、田作り、ハム、海老、伊達巻きなどなどがありますので、それらを次に食べることでさらに効果的になります。

よく噛んで食べる

食べる際に、いつもより多めに噛んで食べると、食べ過ぎを防ぐことができますので、満足しつつも量を減らす事ができます。

これはいつも意識しておくといいかもしれませんね。

スキマ時間などに「ながら運動」をする

動かないと消費カロリーが増えませんので、できればウォーキングやランニングなどをすればいいのですが、なかなかお正月にはしづらいですね。

ですが、テレビを見ながらでも出来るような「ながら運動」や、寝る前にストレッチなどをするだけでも、消費カロリーが増えますので効果的です。

いつもより意識してながら運動をするようにしてみてはいかがでしょうか。

正月太りのリセットに効果的な解消方法

気をつけていても太ってしまった場合は速やかにもとに戻したいです。正月太りのリセットができる効果的な方法をまとめてみました。

マッサージ

お正月には運動不足になりがちで、体のむくみが出てきてしまうので、老廃物を流すようにマッサージをするのがおすすめです。

マッサージはリンパに沿ってゆっくり擦るようにするだけで効果があります。上半身は、顔のフェイスラインに沿って動かして、鎖骨のところまでなでるようにさすっておくといい感じです。

マッサージオイルやボディクリームなどがあると更にいいですね。

足のリンパマッサージは、両手で握りこぶしを握って、それをそのまま、ぐりぐりと太ももの外側と内側を挟むようにしてマッサージします。

足の付根から膝に向かって流すようにしていき、最終的には太ももの裏側に流すようにしていきます。

ストレッチ

お正月はずっと座っていることが多いので、体の歪みがでてきている可能性があります。ですので、骨盤などの歪みを矯正しておくのは大事です。

骨盤やお尻の筋肉を伸ばすストレッチが負担もなくおすすめです。

1.仰向けに寝転がり、右の膝を曲げて左の膝に右足をかける。そのまま左の膝を出来るかぎり手前に持ってきて、30秒間そのまま深呼吸しながらホールドします。

2.足を替えて同じように30秒間同じようにして数セット行います。

振動マシンで運動

振動マシンでながら運動をします。このサイトでもおすすめしている振動マシンなら、お正月の特番テレビを見ながら運動ができます。

筋肉トレも、ストレッチとしても使えるので、お正月太りの主な原因である運動不足の解消を効果的にすることができます。

プチ断食

お正月太りは、カロリーの高いものを食べすぎることで、太ってしまうともいえますので、それをリセットするには、やはり、プチ断食が即効性があります。

プチ断食なので、そこまで日常生活に支障もありませんのでやりやすいと思います。プチ断食は、1日3食食べている方は、どこか1食を抜きます。

夕食を抜くのがもっとも効果的なので、夕食を抜いて、そのかわり酵素ドリンクで置き換えます。

酵素ドリンクを飲むことで、栄養分は極力減らさずにカロリーだけ減らすようにします。

レビュー9万件で総合評価4.37の高得点。楽天市場で6年以上売れ続けている酵素ドリンク正月太りを→“なかった”ことに!→お年玉企画!→感想\9万/→クチコミで話題→逆転【-10kg】→みんな【秘密】で実践中!超人気!これが、本物の酵素原液(糖蜜水で薄めていません)。ファスティング酵素ドリンク!楽天ランキング→1位のダイエット!コスミックエンザイム

半身浴

ぬるま湯(40℃)で、半身浴をすることで、体を温めて代謝を上げることで、消費カロリーを消費することが大事です。

お風呂の中で、マッサージなども効果的ですね。運動不足でなまった体をリセットするにはちょうどいいと思います。

冬場は体温が下がりがちなので、半身浴で1時間位お風呂に入って体温を高くして基礎代謝を上げることが大事です。

まとめ

年末年始は、どうしても運動不足になりがちですし、ごちそうを食べることが多いのでカロリーも多くなりがちです。

できるだけ太りにくいような心掛けをすることで最小限に留めることができますし、万が一太ってしまっても、すぐに解消するようにダイエットや運動をすることで大事に至ること無くリセットできます。

お正月だからこそ、美味しいものも食べたいですし、その上で注意してしっかり対策をしたらいいかもしれません。

お正月が過ぎたら早めに、摂取カロリーを減らしつつ、消費カロリーを増やすようにして、摂取カロリー<消費カロリーとなるようにすれば増えてしまった体重や体脂肪率もリセットできるようになるはずです。

諦めずに、頑張って正月太りを解消していきましょう。

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3Dスーパーブレードを使って1ヶ月後の変化

3Dスーパーブレードのキャンペーンはエクサパッドが購入特典

3dスーパーブレードSを2週間使ってみた結果は痩せたのか

ダイエット中にどうしても食べすぎてしまうのには理由があった